「焦らし」テクニックで稼ごう!

「焦らし」を使おう!

takebe160224330i9a0644_tp_v
「焦らし」
お客様が望むことをわざとうまく遅らせて、お客様を釣る高等テクニック。

トーク力も必要ですし、もちろん初心者の人には難しいと思いますが、
是非覚えていてほしいテクニックです。

それはなぜか?

お客様が望むことのタイミングをわざと遅らせることによって、
お客様がその「あと少しで!!」を求めて
使ってくれるからです。

使ってくれるとどうなりますか?

単純ですね、そうです!


稼げるのです!!

例えば!


「これ以上は恥ずかしいなぁ…」

お話

「じゃあ、○○さんだけ特別だよ?」

これだけでも少し会話の時間が延びるのではないでしょうか?
お話の内容は、もっと仲良く…とかこれ以上はやっぱりはずかしいよ!とかでいいんです。

あと一押し!!
感を演出しましょう()

その少しの分の積み重ねが結構大事だったりするんですよ!

「焦らし」と「ポイント稼ぎ」の境界線を見極めろ!

tsu89_issenn_tp_v
うまく使えばその分稼げる「焦らし」のテクニックですが、
もちろん失敗してしまうこともあります


待たせすぎ
(焦らしすぎ)たり
焦らされるのが嫌いなお客様にこういった対応をしたりすると…



そのお客様からはもうかかってこない

かも知れません…

焦らしテクニックを使うときは気をつけてください。
最初は1会話に最大2~3分、会話を「焦らし」で伸ばすことを目標にしてみましょう。

こういった対応が苦手、嫌いなお客様については最初の対策としては態度で感じ取るしかないと思います
焦らそうとしたときの反応は大事に見てみてください
もし、こういったお客様にあたって焦らし対応をしてしまったときはタイミングを早めましょう。

「これ以上は恥ずかしいなぁ…」⇒「もう○○さんだけ特別だよ?」
のように間の
もう少し仲良くなったら、とか
でもこれ以上見せたらこれから○○さん、私に興味なくなったりしない?とか
そんな話は省いて最後まで持っていくような感じです。

見極めは何度やっても難しく、最初は失敗してしまうことも多いと思います。

あまり派手に長く焦らしたりせず、
何回かの会話の内、1回だけ使ってみる!のような練習?を心がけて使ってみましょう。



「ポイント稼ぎ」と思われたら、もうそこまでですよ!

会話を楽しんで稼げ

焦らしている間は、
お客様を楽しませなければなりません。

さながら
告白される雰囲気なのは分かっているけれどもなかなかその言葉を聴けないあのいじらしさのような……

ま、ちょっと違うとは思うんですけど…
ニュアンスとしてはそんな感じです。

でもそれを演出するにはあなたもその状況を楽しまないといけませんし、
トーク力も必要になってくると思います。

お預けしている、待ってくれている…
そんな状況を楽しんでお話してください。

嫌々やっているとそれが見えてただの「ポイント稼ぎ」にしかなりません。


いちゃいちゃしながら焦らしに焦らして、

稼ぐ力を付けていきましょう。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする